トレンドビーンズ

速報!気になる話題のニュースをまとめました☆




ネタ

【画像】「われわれの製品は“作品”である」 黒一色のマツダ新店舗は果たして成功できるのか←これwwwwwwwwww

1: カーフブランディング(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/19(土) 20:17:21.86 ID:ID:W90M+zEH0.net
マツダは、東京都新宿区にある高田馬場店をスクラップアンドビルドによって全面的に生まれ変わらせ、
同社の国内販売における最新鋭の“旗艦店”として去る11月5日より営業を開始した。
そこで革新的な販売手法の開発を目ざしているようだ。

マツダは2012年2月に発売したCX-5を皮切りに、いわゆる“新世代商品”(同社の表現による)を順次市場に投入してきた。
幸い、その独自のスカイアクティブ技術やデザインなどが広く受け入れられ、
同社の乗用車に対する一般の受け止め方もよりよい方向に向かっている。

とはいえ、そうしたイメージをより一層強め、消費者に対する魅力を発信するためには、
彼らとの接点である販売の現場も製品と同様、“新世代”に生まれ変わらせる必要があるはずだ。
古代からの格言にもある、「新しいぶどう酒は新しい革袋に入れるべし」。

この発想のもと、マツダはこの数年間とくに、スカイアクティブ搭載車にふさわしい“革袋"の創出に腐心してきた。
この動きは販売部門だけのものという位置づけではなく、「新世代店舗」を広く展開するという全社をあげた
プロジェクトとして推進されている。特筆すべきなのは、その店舗デザインの案出に同社のデザイン本部が
直接関わっていることだろう。つまり新世代の製品をデザインした張本人がそれを販売する“新世代の店舗”の
デザインに関わるというわけだ。というのも、
この背景には同社のデザインを統括する常務執行役員・前田育男の次のような考えがあるからだ。

「われわれの製品は“作品”であり、だからこそ、
それが本当に美しく見える“場”に置いて、お客様にお見せしなければならない」

実は、同社既存店舗を新世代店舗に改装する試みを続けてきた。今回の高田馬場店はその動きの一環だ。
しかしこの店舗こそ、マツダがいわばフルスイングで販売店の刷新に取り組んだ
“第1号店”といってもよいかもしれない。それほど全く新しい発想のもとにつくられている。
http://president.jp/articles/-/20635

引用元: 「われわれの製品は“作品”である」 黒一色のマツダ新店舗は果たして成功できるのか

続きを読む


出典: ニュー速クオリティ
詳細は引用元へ:【画像】「われわれの製品は“作品”である」 黒一色のマツダ新店舗は果たして成功できるのか←これwwwwwwwwww

infotopフィードマティック

《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版!

禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!

※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

livedoor相互RSS

-ネタ

×