トレンドビーンズ

速報!気になる話題のニュースをまとめました☆




ゴシップ

【悲報】広末涼子の老けてきて悲しいwwwwww

1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 15:27:26.74 ID:CAP_USER9

インタビューに応じる広末涼子=東京・虎ノ門(春名中撮影)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

「湊かなえサスペンス『望郷』」テレビ東京、28日午後9時

 ミステリー作家、湊かなえさんの連作小説3作をオムニバス形式でドラマ化。いずれも瀬戸内海の島を舞台にした物語で、そのうちの一作「みかんの花」で主人公、美里を演じた。撮影はモデルとなった広島・因島で行われ、海に囲まれた現地の空気感が、女優の感性を大いに刺激したようだ。

 「撮影をしたのがちょうど梅雨の時期。天候に悩まされましたが、最終的にはじりじりとした太陽ときれいな海を見ることができ、東京とはまた違う感覚で撮影に臨めました」

 美里の暮らす「白綱島市」が、対岸の市に吸収合併されることになった。美里は市の閉幕式で、20年前に島を出たきり、一度も帰ってこなかった姉の笙子(しょうこ、水野美紀)と再会する。姉はなぜ、今になって戻ってきたのか。問い詰める美里に、笙子は重い口を開き始める-。

 「最近は何かを堪えるような役が多かったので、久しぶりに感情を人にぶつけるシーンが新鮮でしたね」と振り返る。短編ながら、登場人物の過去や秘密が交錯する重層的なミステリーに魅了されたようだ。

 原作者の湊さんは因島出身で、撮影現場も見学に訪れたという。「湊先生も私も、妹のいる『姉同士』。2人で『妹って、姉の失敗を見て学んでいるよね』といった話で盛り上がりました」と楽しげに振り返り、「湊先生が、謙遜しながら『(自分の小説は)書くのも読むのも一瞬』と仰っていて、本当にすごいなと圧倒されました」と目を見張る。

http://www.sankei.com/premium/news/160925/prm1609250022-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160925/prm1609250022-n2.html

 自身は高知市出身。瀬戸内海の景色には親近感を抱いたといい、ドラマのタイトル通り、自身の“望郷”をかき立てられたという。

 「大人になると、自然が豊かで、おおらかなふるさとで育ったありがたさを実感します」と語りつつ、「(高知名物の)カツオの塩たたきは、地元以外では食べないですね」というこだわりも明かしてくれた。

 一方、高校生で上京し、すでに20年近く。「ふと不思議に思うときがあるんです。もう人生のうち、ふるさと以外で過ごした時間の方が長いんだなって…」。このドラマは、自身の歩みに思いをはせるきっかけにもなったようだ。(三品貴志)

       

 〈ひろすえ・りょうこ〉昭和55年生まれ。高知市出身。平成7年にデビューし、テレビCMや歌手活動、ドラマ「ビーチボーイズ」などで注目を集める。出演映画「鉄道員(ぽっぽや)」「おくりびと」などで数々の映画賞を受賞。近年のドラマ出演作に「聖女」「ナオミとカナコ」ほか。


続きを読む


出典: 芸能人の気になる噂
詳細は引用元へ:【悲報】広末涼子の老けてきて悲しいwwwwww

infotopフィードマティック

《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版!

禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!

※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

livedoor相互RSS

-ゴシップ

×