トレンドビーンズ

速報!気になる話題のニュースをまとめました☆




ネタ

【投資詐欺】「サブリース」悪用の勧誘広がる!知識ない若者がターゲットに・・・・

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/02/17(日) 18:49:06.38 ID:ID:mdSNfnHp9.net
2/17(日) 18:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000027-mai-soci

 不動産の転貸契約「サブリース」(借り上げ家賃保証)を悪用した投資の勧誘が広がっている。新たな顧客層を取り込むために投資知識のない若者がターゲットになっており、知らぬ間に不正な契約を結ばされた顧客が住宅ローンの一括返金を求められる恐れも出ている。【山本有紀、松本惇】

 「年収250万円台から大家さんになれます」。あるサブリース業者のホームページには魅力的な言葉が並ぶ。全国展開する不動産会社の営業担当の社員だった男(49)はこの業者と連携して顧客にマンションを販売し、そのマンションを第三者である入居者に貸すサブリース契約を結ばせていた。顧客は金融機関から住宅ローンを借り、入居者からの賃料収入をローンの返済に充てる仕組みだ。

 ところが、この売買には不正な二重契約があった。この不動産会社によると、元社員は正式な契約書とは別に、偽造印を使って契約額を多く見せかける偽の契約書を作成。これを使って顧客に住宅ローンを借りさせた。この行為は、有印私文書偽造などに問われる可能性が高い。複数の顧客によると、二重契約については知らされなかったという。

 元社員らへの取材によると、二重契約で得た差額は架空会社に入金された後、入居者がいなくても家賃を支払う保証金としてサブリース業者に渡ったほか、顧客を紹介したブローカーにも支払われた。顧客には「必要な手続き」として明確な説明はせず、複数の書類にサインさせていた。元社員らが関わった同様の契約は約150件。毎日新聞が入手した資料では少なくとも十数件について、1件当たり200万~700万円が架空会社に渡っていた。

 不正はもうひとつあった。融資に利用させた固定金利型住宅ローン「フラット35」は本来、投資用物件には使えない。元社員は契約者に理由を告げず、住民票を購入物件の住所に移すよう指示して自己居住用に購入したように見せかけていた。

※ 全文は記事でご覧ください

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550396946/

続きを読む


出典: ニュー速クオリティ
詳細は引用元へ:【投資詐欺】「サブリース」悪用の勧誘広がる!知識ない若者がターゲットに・・・・

infotopフィードマティック

《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版!

禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!

※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

livedoor相互RSS

-ネタ

×