トレンドビーンズ

速報!気になる話題のニュースをまとめました☆




ゴシップ

キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

1: ほニーテール ★ 2018/06/28(木) 11:43:04.13 ID:CAP_USER9

おニャン子クラブのヒット曲「セーラー服を脱がさないで」を工藤静香(48)が約10年ぶりに歌い、1985年の発売時と同じ振り付けを披露したというので話題だ。

ソロデビュー30周年記念と銘打ち、このほど9カ所10公演のライブツアーをスタートさせた静香。木村拓哉(45)との間に生まれた次女、光希(15)がコウキの芸名でファッションモデルを始め、その動向が注目される中、歌手として再始動である。夫キムタクはSMAPの解散以降、パワーダウンが明らかなだけに、芸能ファミリーを仕切る静香の深謀遠慮に芸能マスコミの注目が集まっている。まず、静香を知る関係者はこう言う。

「ライブはこれまでも時々、やっているんですよ。彼女(静香)には自分の事務所があり、それを維持していくためにも、何らかの形で露出していかなければならない。ライブなどで露出することによってCMにつなげられたらという狙いはあるでしょう。
SMAPの解散騒動で元マネジャーの飯島三智さんがジャニーズを退社するまで、静香は『表に出るな』と散々言われてきたし、飯島さんについてジャニーズを出ていくかキムタクが迷っていたときは真っ先に引き留めて、
それがSMAP分裂と解散の原因になったとSMAPファンから悪者扱いされてきた。そういう圧力や逆風が少し収まり、自由に動けるようになったことも大きいかもしれません」

かくして、自分の歌手活動のほか、ステージママならぬプロデューサーとして、静香が次女の売り出しに動いていることも間違いないようだ。ジャニーズ担当の芸能記者が言う。

「もともと次女コウキは長女とあわせ、美人姉妹として芸能事務所から注目されていました。『おニャン子』時代からの付き合いが今も続いている秋元康プロデューサーもその存在を知っていて、AKBグループへの加入説もあったほど。
結局そうはならず、ファッション誌の表紙モデルからのスタートとなったのも静香さんの考えでしょう。木村との結婚のときから後ろ盾となってもらっているメリー(喜多川・ジャニーズ副社長)さんにまたお伺いを立て、今はコウキの所属事務所を決めているところだと思います。大手芸能プロとの提携という形にするのではとみられています」

ライブでは、中2のときに挑戦した1984年の「ミス・セブンティーンコンテスト」当時のエピソードも披露。同コンテストで特別賞に輝き、翌85年に「セブンティーンクラブ」としてレコードデビューしたのは、ファンには有名な話。当時の思い出を振り返り、改めて同世代へアピールするとともに歌手として新機軸を打ち出そうというのだろうか。

「キムタクは静香の決めたことに口出しすることはない」(事情通)というから、自らと次女のプロデュースで業界を動き回っているのかも知れない。デビュー31年目。アラフィフになった静香からは凄みも出てきたともっぱらだ。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/232139/2

11

続きを読む


出典: 芸能人の気になる噂
詳細は引用元へ:キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

infotopフィードマティック

《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版!

禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!

※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

livedoor相互RSS

-ゴシップ

×