トレンドビーンズ

速報!気になる話題のニュースをまとめました☆




プロ野球

履正社-日大三、選手交代で審判がミス 投手-中堅-投手-中堅は不可なのに…

1:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:01:29.03 ID:hIuVhdRp0.net


履正社-日大三、選手交代で審判がミス 投手-中堅-投手-中堅は不可なのに…

 19日に開幕した選抜高校野球(甲子園)の1回戦・第2試合の日大三(東京)-履正社(大阪)で、選手交代について審判にミスがあったことが同日、大会本部から発表された。この試合では九回表、履正社の攻撃で、日大三の投手・桜井が先頭に四球を与えて2番手の岡部と交代。中堅へと移った。2死から再び桜井が登板し、岡部は中堅へ回った。

 しかし、桜井は3連打を許して、岡部に再び交代。桜井は中堅へとまた移った。結局桜井は、投手-中堅-投手-中堅と変わり、試合終了まで出場した。

 同試合の幹事審判だった日本高野連の木嶋一黄・審判技術顧問によると、公認野球規則5・10(d)【原注】で「同一イニングでは、投手が一度ある守備位置についたら、再び投手となる以外に他の守備位置に移ることはできないし、投手に戻ってから投手以外の守備位置に移ることもできない」とされており、今回はそれに該当する。同顧問は「審判にアドバイスする幹事としてアドバイスできなかったこちらのミス。全国大会でこういうことがおきてしまった」と説明。本来なら、桜井が2度の登板を終えて中堅へ移る時点で指摘すべきことだったとした。

 一方で、公認野球規則8・02(b)【注2】では「審判員が、規則に反した裁定を下したにもかかわらず、アピールもなく定められた期間が過ぎてしまったあとでは、たとえ審判員が、その誤りに気づいても、その裁定を訂正することはできない」とある。つまり、プレーが再開された時点で、桜井の2度目の中堅への交代は有効となった。

2017_0319_220829_817
2017_0319_221000_325
2017_0319_221054_260

(デイリースポーツ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000117-dal-base 

4:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:02:09.81 ID:hIuVhdRp0.net

お前らこれ知ってたか??


17:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:04:57.28 ID:YDHkRm0I0.net

>>4
指摘しとるやつおったぞ


29:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:06:22.84 ID:huXdlyJY0.net

なんjでは指摘したやつが叩かれたもよう


続きを読む


出典: なんJ(まとめては)いかんのか?
詳細は引用元へ:履正社-日大三、選手交代で審判がミス 投手-中堅-投手-中堅は不可なのに…

infotopフィードマティック

《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版!

禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!

※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

livedoor相互RSS

-プロ野球

×